そろそろ引越ししたいですね

7月 15th, 2014

季節によって、なんとなく引越しをしたいと言うときありますよね。
今がその時です。

お礼

今住んでいる環境をすべて変えて、ちょっと知らない場所に引っ越したくなります。
引越しと言うのは、そういった環境をすべて変えることができるのですから、とても嬉しい事です。

ただ、一つ引越しをするとなると荷物の整理が大変です。
これさえなければ引っ越すのにと思う人も多いのではないでしょうか。

そんな時、一つ知ってしまったのです。
最近の引越しって荷物の整理もすべてお任せすることができるんですね。

引越しの業者さんに荷物整理もすべてお任せしちゃえば、何もしないでも引越しが完了してしまうのですから、とても楽ですよね。
今度引越しをするときには、利用してみようかなと思いました。

少し通常の引越しよりはお値段がかかるみたいですが、それでも面倒な作業をすることを考えると安いのかなと思います。
引越したい季節が次にやってきたときには、利用してみようかな。

スタッフさんに超GJ!

67061
長い間嫁いびりを繰り返されて、同居していた姑に別れを告げて主人と新天地に向かう準備をしていました。
絶縁をしてから約1カ月、ようやく新居が決まり主人の転勤も叶い関東地方に引っ越すことになりました。

スタッフさんが荷物を運びだし、私は衣類の整理をしていると玄関から聞くに堪えない声がきこえます。
姑が来襲してきたのです。

引っ越すってどういうことよ!そんなの私は許可していないわよ!すぐにやめなさいと怒鳴り込んできました。
一体どこから嗅ぎつけてきたのか知りませんが、どこへ引っ越そうと私たちの自由です。

私が言い返そうとするとスタッフさんの一人が、お金を支払って私たちを雇ってくださっているのはこちらのご夫婦。
例えお姑さんでも止める権利はありませんよと言ってくださいました。

そして運び出しの邪魔ですからと言い、姑を外に連れ出してくださいました。
後から姑はあんた達の会社に抗議の電話入れるから!と言い放ちましたが、すぐに私たちからお礼の電話を入れました。

引越しの時にお礼の仕方についてはこちらの豆知識的な感じのサイトで見てみました。
豆知識的サイト~ 引っ越し業者にお礼は渡す?渡さない?

スムーズで素晴らしい対応をしてくださり、ありがとうございましたと。

引越しのあいさつはどこまで必要か

8月 7th, 2014

引越しのあいさつはどこまで必要か
引越しは今まで数回していますが、引越しごとに少し悩むのが引越しの際に近所のあいさつをどのくらいするのかということです。
昔からの言い方で「隣三軒両隣」というものがありますが、私の場合は一軒家に住んだのは実家だけでそれ以外ではすべて集合住宅でありますので、上下のお隣さんというのも存在します。
さすがに顔を合わせておいた方が良いと思われるのは両隣の人と下の階の人であります。
隣の人は当たり前として、下の階の人は物音などで迷惑をかけるかもしれないので、その際のもめごとの回避ということもあります。
ただし、どこにあいさつに行くかが決まっても、集合住宅の場合はそのあとが面倒になります。
それは留守の場合が多いからです。
なるべく自宅にいることが多いと思われる夕方以降にあいさつに伺ったのですが、それでもあるお隣さんは実際にあいさつができるまで5回ほど訪問しなければならないという事態になってしまいました。
それでもあいさつを一通りすますとやれやれという気分です。

引越しで知っていて損のない知識

7月 10th, 2014

引越しで知っていて損のない知識
引越しをする際に知っていて損のない知識をいくつかご紹介したいと思います。
まず、引越し業者選びのコツはできるだけ多くの見積もりを取るという事です。
やはり一つや二つだけでは十分な比較ができませんから、その料金が高いのか安いのかもなかなか判断がしにくいと言えるのではないでしょうか。
しかし、申し込みなどが面倒という事で、なかなか多くの見積もりを取る人は少ないようです。
しかし、引越し一括見積もりでしたら、かなりの手間を省く事ができます。
一度の入力で複数の業者に申し込みができ、簡単にたくさんの見積もりをとる事ができていまいます。
また、一括見積もりの場合には業者が競争しやすく、その結果結構割り引きをきかせてくれたりする事も少なくありません。
ですから普通に見積もりをとるよりもずっとお得になると言えるでしょう。
これから引越しをするという方は、これらの事を頭に入れて是非活用してみてはいかがでしょうか。
きっとうまくいくと思います。

最近では新しいビジネスが拡大

6月 18th, 2014

最近では新しいビジネスが拡大しています。
それらは特に不動産とも関係しています。

今ではインターネットの拡大で不動産を見る機会も増えているのです。
そして、ここからビジネスが展開しています。

不動産ビジネスの特徴は、一般的な利益が大きいことです。
そのため、手軽に報酬を得ることができます。

今では不動産の管理なども仕事になっており、実際に様々な内容があります。
このビジネスを進めることで個人は高い結果を獲得できます。

ビジネスの目的は、主に高い利益を得ることです。
そして、そのために活躍しているのが不動産です。

不動産の紹介や取引などは、現代を代表する仕事です。
これらが発展しているのは日本の特徴です。

ここではユーザーも自由に不動産を買うことができます。
家やマンションなどは大切な財産です。

これらをビジネスに使うことが現代の主流です。
そして、ここで生まれる利益を使うことで、日本は大きく進歩しています。

不動産は立派な商品なのです。

引越しでの思い出深い出来事

6月 14th, 2014

引越しでの思い出深い出来事
私は現在勤めている会社に入社して4年程経った時に当時の赴任先の山口県から再び関東の埼玉県に戻る事になり、山口県内の自宅マンションから埼玉県へ引越しを行う事になったのでした。
そして当時山口県内で知り合いとなった仕事上のお付き合いがあった方に以前頂いた伝統工芸品の人形などを私とその工芸品を下さった方と引越し会社のドライバーの人と3人でトラックに運び入れる作業をしていた時に、事もあろうに私は非常に高価な伝統工芸品を手違いで落として壊してしまったのです。
自身の引越しで自身の持ち物とは言え大変高価な伝統工芸品の人形を、その人形を下さった方の目の前で落として壊してしまったのです。
私は青ざめながら人形を下さって引越しまでも手伝って下さっていたその方に頭を下げ続けて謝り続けました。
しかしその恩人の方は私に「物はいつか壊れる。
仕方が無い。
」と言って全く怒る事が無く、それどころか引っ越し先の私の埼玉県の自宅マンションに私が引越し中に落としてしまった伝統工芸品の高価な人形を再び送って下さりプレゼントしてくれたのです。
あの時の私の山口県でお世話になった恩人の方へ対する感謝の気持ちは今も忘れておらず、家庭を持って新居に住む今でも当時頂いた伝統工芸品の人形は大切に床の間に飾ってあります。